儲かる株の手法は?

儲かる株の手法

儲かる手法というのは、人それぞれです。
長期保有が嫌いな人もいれば、デイトレなど実践する時間が無い!と、それこそそれぞれの方の都合や好みがありますから、どの手法なら儲かるとか、どの手法なら儲けられないという規定はできません。

私なら、ファンダメンタルズ分析よりもテクニカル分析が好みです。
それぞれ試してみてお好きなものが勉強にも力が入りますし、好ましい結果にもつながります。

株の教材は作らないと他で公言しているように、私の手法を詳しくお伝えする事はありませんが、私の記事をご覧になっていればヒントがあちらこちらに出てくることと思います。

バイナリーオプションも、株も勝てる手法は、いろいろあって、好ましい結果が得られるのは、どの手法でもその人の研鑽しだいです。

ただし、個人的に絶対やらないと決めているのは、信用取引。
それを避けたんじゃ儲からんだろ。
と、、、そのテクニックで儲けていらっしゃる方はおっしゃるかもしれませんが、そのような手法など皆無でもじゅうぶんに利益を実現できますので、ご自身のお好きなものはどうぞご自由にしていただければ結構です。

そのかわり、他者が好ましい結果を出しているものに対して個人的な好みや好き嫌いで批判するのはお互いに避けましょう。
それは、投資家同士に対して無意味なことであり、これから株を学ぼうとしている人に対して混乱を招くことになりますから。

株初心者の方は、本を読むもよし、教材を買うも良しですが、作者の主張のままではなくて、俯瞰して学び、自分にとっては何が合うのか、何が好みなのかを決めることろから入りましょう。

バイナリーオプションも同様ですが、学んで学んで学び倒した結果、自分流が出来てきます。
それが出来た時こそ儲けられる時。
ちょっとかじって大儲けは、投資のみならず、この世の中にそんな甘いものはありません。
いい教材でしっかり学びましょう。

上下動

株でもバイナリーオプションでも当然同様ですが、上がったものは下がる、下がったものは上がります。
しかし、株では、下がったものは基本的に上がりますが、下がったものが再びもとのように上がるとは限らないという面もあります。
それは、株のご経験がおありの方なら、何を言わんとしているのかよくおわかりでしょう。

バイナリー教材では、よくリズムという言葉を使っています。
そうチャートにはリズムがあります。

ボックス相場だろうが上昇トレンドだろうが、下落トレンド場面だろうが、それなりのリズムがあります。
であるならば、そこを狙おうというのが私が好む手法です。
つまり下げきったところからの上昇狙い。
バイナリーオプションなら下げきったところ、上げ切ったところにチャンスがあります。

株の場合は、下げ狙いは空売り手法ということになりますのでそれが好きではない私は実践しません。
もちろん、空売りで大きく儲けている人も複数ですから、それ自体が悪いというのではなく個人的な好みですので、お好きな方はご自由に実践されてはいかがでしょうか。

好き嫌いが主義主張にもなり、固有のテクニックが生まれることもあります。
ですから、あなたもいろいろなテクニックを試してみて、好きなパターンを見つけてそこを突き詰めれば勝率が上がるでしょう。

株価上昇の要因はさまざまですが、上昇じわり、下落ドカンというのは、幾多にチャートを見ている方ならお感じの事でしょう。
別の言い方をすれば、株価を上げるのは大変ですが、下がる要因は簡単ということです。
ですから、空売り専門も大きく儲けるチャンスはあります。

私のバイナリーオプション手法もシンプルですが、株手法もシンプルです。
長期保有こそ利益を生むという方もいらっしゃいますが、それが間違いと言うのではなく一つの考え方であり、一つの手法ということにすぎず、私は短期の買い一本が気分も良く好きだというだけのことです。

好きであれば研究にも力が入りますし、継続できますので自然と勝利の方法がわかってきます。
企業努力や人気で上下する長期狙いよりも、チャートリズム利用の短期の方が性格に合っているように思います。

事務所設立の際ある人は、○○と○○は、ボクが買ってきます。
とお願いもしていないのに自主的に言ってくれたのですが、2週間過ぎても、3週間経過しても、1カ月が過ぎても音沙汰無し。
私なら当日買ってくるのに、よくもこんなに無責任に放置できるものだと思ったものですが、これも責任感や人間性を除外すれば、単に性格の問題ということができますが、株も同じでささっと、パパっと結果を出すことが私の趣向であり生き方でもあります。

決断と行動が遅いだけで成功のチャンスはどんどん去っていくように、即座に決断してすぐ行動して素早く結果を出すことこそ、成功の秘訣であると幾多の経験から感じております。

弱ったところを打て

力強く上昇を続ける株に逆らうかのようにちょっと下がったところを狙ったところで負けるのがオチです。
空売り専門の人によくあるパターンですが、強気を間違えるとそうなります。
いくら元気に力強く上げ続けていても衰えが来ますので、弱っていくところを狙えばいいのです。

逆に上げるというのはさまざまな要因が原因ながらも力が強まっているからですから、上昇パワーにうまく乗れば勝てるのです。
あげる勢いのところで買って、弱まりかけたところで売る。
この短期の繰り返しが私が好むところです。
ただし、バイナリーオプションはこれとは違いますので、バイナリーファンの皆さんは勘違いしないでください。
私のバイナリー手法はチャートの読みですから、それを完璧に習得すれば、株も簡単に大きな利益を生むことが可能です。

そのためにも、私のあらゆるバイナリー教材をガンガン勉強してください。
といっても私の教材は映像を幾度も見ていれば習得できるように制作していますから、見続けてデモエントリーで練習を続けて自信が出来たらリアルマネーを投じて実践すれば力がついてきます。

株の教材は制作しないと発言していますが、幾多に発売している私のバイナリー手法を学べば株の手法も自然と身に付くというものです。
どこかの情報商材のように適当なものを売っているのではありませんから、キチンと学んで継続するいわゆるまともな方ならこの価値をよく理解いただけることでしょう。

そういわずに教えて欲しい

こんなお声を頂戴しましたのでそれにお答えして、、、少し。

わたくしの株取引では、ファンダメンタルズ(業績の分析など)は無視します。
なぜなら業績が良くても下がったり、業績が悪くても上がる株があるからです。
それよりも確かなのは、チャート分析です。

バイナリーとは違って、ローソクの1日足を利用します。
その他は、移動平均線(短期、中期、長期)

そして分析の重要ポイントは、終値を見ること。
バイナリーオプションの教材でもお伝えしているように、チャートには、必ず上昇トレンド、下落トレンド、ボックストレンドが形成されますので、その分析に終値が重要となります。

このように書いても、詳しく説明するにはバイナリーオプションのように教材を作らなければなりませんが、今のところバイナリーオプション以外の教材は販売の予定がありません。

なぜなら、2019年現在においては、金融庁の指導で億が稼げなく変化したバイナリーオプションですからバイナリーでの億越えの財産形成は無理となりましたので、種銭作り。
それを億に仕上げるのは株というスタンスですから、みなさまには数千万円の種銭を築いていただけるよう毎回必死に教材を制作しております。
種銭を築いてから、私からの株に関するヒントが漏れたらそれによる株投資を実践されるのがよろしいかと思います。

株の手法はさまざまです。
私の様にファンダメンタルズではなく、チャート分析、チャート感覚での投資をされるとしたら、私が制作した数々のバイナリーオプションでお伝えしているチャート感覚がお役に立ちますので、自然と株の投資力も向上することと思います。

疑念視される方や、教材を買ったら人の固有の能力を超えて、誰でもどんな人でも即座に高額を簡単に稼げるのが当たり前などと健全な良識を有さない方には無理なこと。

教材を手に入れて勉強していただき、自らの能力にしてからでないと、いかなる投資でも仕事でもスポーツでも好ましい結果などあり得ませんが、買ったら誰でも即座に勝てるのが当たり前と決めつる誹謗を展開するような方には、正しいことも曲げて理解されますので理解は無理ですが、良識をわきまえた健全な方であるなら私のバイナリーテクニックのチャート感覚は、株においてもじゅうぶんにお役立ていただけます。

2019年6月現在、株のノウハウは販売しない予定ですので、バイナリーの教材を徹底して勉強してあなたの力にして下さい。
正直なところ、私のチャート感覚を身に着ければ、株の分析感覚も売り買いの瞬間を決める感覚も自然にわかってくると思っています。

ぜひ、バイナリーで1000万円儲けたら短期のうちに株で10倍以上にして下さい。

 

 

この記事、本日はここまでですが、後日続きをここに書き入れます。