新バイナリーオプション業者を試してみました「theoption」

新バイナリー業者は?

結論から言うと「いいです」

今後この業者を利用しようかと思います。

何がいいか

✅画面が見やすい。
✅反応がいい。
✅デモが自由に使えて皆さんの練習に好ましい環境。
✅儲けた際の出金対応がひじょうに早い。
✅Andoroidでは、スマホアプリの画面も見やすく操作しやすい。
✅高率を求める方にはペイアウト率2倍もあり(他社もあり)
✅質問など、日本人スタッフの対応が早い。

1回の取引の最大購入額は50,000円、連続エントリーも可能
以前のように、一度に100万円でも200万円でもエントリーできる業者は消滅しておりこの程度のエントリー額は、適度でしょう。
✅日本時間の朝7時~翌日の朝6時まで取引可能ですから出勤前のエントリーも人によっては可能です。
✅アット・ザ・マネー(プラマイゼロ)判定:短期取引は、購入額が回収され、HIGH/LOW取引では購入額が返金される。

何よりも画面がシンプルで見やすくて反応がいいのは勝利に直結する問題ですから、そこがクリアーできていることが望ましく、熟練者にはお分かりのようにそれだけでも勝率を向上させます。

theoptionの業者画面からすぐにデモに入れますのでお試しください。

デモエントリーは是か否かというお話はこちら

業者によって取引画面は大きく違う

名前は言えませんが、ある業者は、エントリーポイントを意図的に遅らせたりして勝利確定のタイミングをずらして負けにしてしまうことをしますから、エントリーボタンを押したのに反応が遅いというところもあります。
それは、中級者以上になれば、ご自身でエントリーを継続してみればわかることです。

以前には、チャートの反応も取引画面の反応もひじょうに悪い業者がありましたが、今はその業者、日本から撤退しています。
そのころ、なぜか弊社に苦情を言ってきた方がありましたが、私どもはバイナリー業者ではなく、一切提携関係がありませんから、そのような勘違いには驚いたものです。

反応に違和感を見せる業者を経験の浅いある女性から、私どもが為替を操作して儲けられないようにしているなどと、ありえない言いがかりを受けたこともあります。

為替の操作など日本政府が億を投入しても自由になるものではないのに、知識が無いというのは恐ろしく、個人が為替操作していると抗議されても唖然とするばかりでした。

勝てない人と言うのは、いろいろと捻じ曲げて理解する例があります。
あらゆるところを悪者にすることなく自らの力不足を自覚していただき練習を重ねて腕を磨いていただくことが望ましい投資家の姿ではないでしょうか。

常にどの社会でも負け組は、誹謗ばかり文句ばかり。
勝者とは、人間性がこうも違うものかと驚きます。
言いかえれば、仕事も投資も好成績を実現するには、学び力、継続力、そして人間性も重要であると勝者への道を見出しております。

投資の勝利にも社会人としての勝利にも、人として如何なるものかを知り研鑽して自らを磨き上げてこそ成果が付いてきます。
世の中の社会的な人、非社会的な人の言動、行動、生活環境をみれば、その人生のストーリーが見えてきます。
成し得たければ、土台となる人間性があってこそ、技量の磨きに拍車がかかるというものです。

金属の銅は、いかに磨いても金に変化しませんが、人間というのは、銅たる資質も己が変わることで金にもなり得ます。
輝きを増す自己の研鑽は、社会人としての成功も、投資家としての成功も無関係ではありません。

 

勝利する能力に欠ける人と言うのは、このように周囲を悪者にして自らの勉強不足を自己弁護しますから、これをご覧のあなただけは、ご自身の能力を向上させることにご努力いただき、タイミングをずらす業者があっても問わず怒らず、私の負けを取り返すワザを徹底してあなたのものにしてください。

変化球も打てるようになれば、悪玉が来ても驚きもせず、喧嘩を吹っ掛けるという恥ずかしい行為も皆無となります。

 

最悪は、儲けたお金を引き出そうとしても引き出せず、そのまま消失した悪質な業者もあったものです。
私も、私の教材をご購入下った方も高額をやられた経験があります。

デモ画面とリアル画面では、反応が違う業者もありますが、theoptionには、それが見当たりませんでした。

エントリーの反応を遅らせて負けに誘うのは、初心者さんにはわからなくても熟練者にはわかるもの。
しかし、そこを追及しても改善など期待しない方がよく、一歩間違えばクレーム客としてID削除も皆無とは言えないでしょう。

負けても取り返す技術が大切なバイナリーオプションですから、私は映像でそこをお見せするように、あなたがご利用の業者がタイミングをずらすようなら、負けても取り返せばいいので騒がず静かに儲けさせていただいた方が賢明でしょう。