投資は儲かるのか?

投資は儲かるのか?

FXにしろ、株にしろ、バイナリーオプションにしても投資実践によって儲けることが出来た人は「儲かる」と言うし、損失をした人は「儲からない」というだけのことです。

学業でも会社でも成績のよろしくない人は、文句を並べることが多く、成績が悪いのは自分の責任であるにもかかわらず、先生のせいにして教師を誹謗する例もあります。

これは、一般社会でも同様で、給料がよろしくなければ会社や上司を罵倒。
あくまでも自分は悪くは無いといういわゆる自己弁護を展開します。

結論

仕事でもスポーツでも投資でもネット上に誹謗中傷を展開する人たちと言うのは、自らが無能だと公表しているようなものです。
社会人として成熟している人は、そのような誹謗中傷展開などしませんから、そういう行為をしていること自体人としてのレベルがそれなりと言うことですから、まともな人はそのような誹謗を信じることは無いでしょう。

しかし、三流週刊誌の適当な記事でも信用する人がいるかの如く、人はさまざまです。
人間社会というのは、同じ人間と見えても実はまったく中身が違う人たちが同じ空気を吸っているのですが、類は友呼ぶというとおり、誹謗するようなレベルは、そのような人が集います。

投資で稼げない人は、やはりそのような人たちが集い傷をなめあったり、夢を語り合ったり。

投資で儲ける人も本当にいくらでも存在しますが、勝てない人からすれば投資に勝てる人などいないと思いたくなるのかもしれません。

地中で生活する生き物に人間社会がわからないように、海中で生活する生き物たちに鳥の世界がわからないように、知らないことは教えても信じないでしょうし、そんな世界などありはしないと否定することでしょう。

投資は、あらゆる種類があり、評判がよろしくない仮想通貨ですら、100億以上儲けた人も知っていますし、家庭崩壊規模で損失した人も知っています。

これは、株でもFXでもバイナリーオプションでも全く同様で、儲けている人は数千万、数億という例もあり、やはりトータルマイナスと言う人も存在します。

ある人は、FXで億を儲けたもののいい気になって調子に乗ったら即座に儲けた億を溶かして、私の教材を購入して大きく儲けた人もいます。
このようなことを書くと儲けられない人には、これが嘘に見えるし、私の周りにいる人は、その人を知っていますからその事実も否定しようがありません。

さらに、年収億越えを果たしたとサイトに書いていたら、ある公的機関に疑われて儲けた私の教材購入者さんは、利益の証拠を持ってその公的機関に行きました。

こういう事実も、それを知らない人は「ウソに決まってる」となるのでしょう。

人間というのは、皆そんなものです。
否定から入り、疑念視して、キチンと真実の証拠を見せても信じない人も幾多に出会ってきました。

儲け組に入るには

そのような否定組という集合体は一切無視することです。
誹謗されようが疑われようが真実を貫いている自信があるなら、そんな底辺レベルには意識も向けずに信じてついてきてくれる人達だけの輪が出来るものです。

今はやめましたが、あるスポーツにしばらく凝っていて、毎週日本全国のあらゆる地域へ行って公式戦に参戦していました。

そのスポーツを例にとっても成績の悪い人は道具のせいにします。
あるいは、スポーツ施設のせいにします。

本当は、自分自信に全責任があるのに、違うところに思いをぶつけて文句ばかり。

そういう人たちは、やはり成績上位陣の輪には入れずに、万年下位クラスの輪が出来てその中で叫んでいます。

私自身そのような低いところから発せられる書き込みなど一切見ません。
そんなところを相手にしていると特は何もなく、うっかりすると自らもそんな低いことろに堕ちていきます。

FXでも株でもバイナリーでも、嫌というほど儲けている人はいくらでもいます。
そういう意識帯にだけ目を向けて、そこから発せられるノウハウを手にして懸命に自らを磨くなら、人が信じないところの豊かな結果を出す存在になれるのは可能性大です。

如何なるものでも、ちょっとかじって大儲けはありません。
投資はバクチではありません。
仕事と同様利益を実現してこそのものですから、取り組む姿勢が結果を決めるのは、人間界の全てにおいて同様です。

まず、儲けられるか、損するかは、あなたの精神レベルがどこに位置するかです。

仮想通貨で100億以上儲けた知人は、「仮想通貨なんか詐欺だ」と叫んでいる人を見て腹を抱えて笑っていました。

投資で儲けたいと本気で思っているあなた、まず精神レベルをどこに置くかということが如何に大切かご理解いただけたでしょうか?

人を騙してでも自分さえ儲かればいいのでしょうか?

まずは自らが稼いで豊かな生活を実現して、そのあとは信じてくれる人に繁栄チャンスを分け与える喜びを抱くのか、社会貢献に情熱を向けるのか、、、生活にゆとりが出来てくると、心にもゆとりが出来ますが、やはりこれも人しだい。
いつまでも我欲の塊と言う人もいますから、やはり人はその心が如何に成長するかです。

地獄で叫んでないで、天上でゆったり微笑みませんか。

心が変われば、人生が変わる。